にゃりーずプラス


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年過ぎました あの時のはなし

こんばんは。
今日は12月19日です。

あの、辛かった日から一年たちました。

去年の12月18日
     201312182.jpg

その前週にも動物病院へ連れて行って尿検査は問題なしといわれたけど、やっぱりなんかおかしいし、年末にかかるとなんだからと思いもう一度しじを連れて行きました。
先生は「しじの顔を見たとたん、尿の精密検査も問題なかったけど絶対おかしいと思った」 と後で言われていましたが、即採血。
結果を待ちます。

今もですが、結果を聞くのは本当に胃が痛くなります。
なにしろ激やせしてきたというのが一番の問題だったので、元々太ってたから糖尿病か、もしかして肝臓かも と思って待っていたら
「悪いです。」と言われて見せられたデータは、ものすごい腎不全でした。
人間では見たことのない、ここまで悪くて生きてるの?という値でした。
         クレアチニン 8.9
         尿素窒素 126.2
       

そのあとの話を聞きながら、私は初めて指先から冷たくなるとはこういうことかと知りました。

「どうしますか?」と聞かれました。
連れて帰りたいのはやまやまですが、ここで集中して点滴ができるかどうかで生死が決まるなという判断が勝ち、そのまま入院をお願いしました。
奥へ運ばれていくしじを見たとき、もしかしてもう人間Tと家で会わせてあげられなくなるのでは・・せめて明日といえばよかったかと一瞬後悔が過りましたが理性で押さえました。
その後、治療としてはとにかく点滴をして、腎臓の機能が残っていたらそれが戻るのを待つこと、1週間で改善がなければそれ以上続けても改善するというデータはないと説明されました。

人間Tに入院になったことを電話で伝え、車に乗りましたが、運転中は大泣きで前が見えない。
ここで事故を起こしたらだめだ、だめだと言い聞かせながらハンドル握って、唇かんで。

体重減少以外はあまり変わりがなかったので、まさかここまで悪くなっていたことにきづかなかったこと、帰ってもしじが居ないこと、この状況をどう説明したらいいのか・・・涙止まらず。
     201311201.jpg


帰って状況を説明しながら晩ごはんを食べましたが、湯豆腐の味は全くなく、気を抜くと涙が出るので黙々と押し込みました。

入院は面会に行っても辛く、なんで連れて帰ってくれへんのという訴えを振り切り帰るのですが終わりのころは目を合わせてくれなくなっていました。
       201312203.jpg


1週間後、運命の採血結果は、劇的に改善。
         クレアチニン 4.7
         尿素窒素 75.9

       

ここからは自宅で毎日皮下点滴を続けるということで退院となりました。
       201312284.jpg
 

点滴も冷たすぎるのはかわいそうだからあんかで暖めたり、朝に点滴するために早起きしたり、準備が大変。
でも、しじは全く嫌がらず、わたしも改善を祈って黙々とやり続けました。
これにリンを下げる薬を飲むことと、レメディを飲むことが治療です。
       201312315.jpg


これも軌道に乗ってきたころから、最大の問題が起こりました。
拒食です。
入院中もしっかり食べていたから、大丈夫だろうと言われていたのに、退院後4日目から全然食べなくなりました。
データや、診察を受けた感じでは悪化しているようではなく、原因不明。

原因探しもしながら、とにかくなんとかしないといけない。
点滴は水分は入りますが、栄養はないに等しい。
また、猫の消化器は人間より早く萎縮するので、3日食べないと危ないと言われ、何とか食べてほしいといろんなごはんを買いました。
どれも実らず。
しじが歩くと、食べに行ったか?とピリピリしてしまい、こちらの神経もどんどん参ります。
食べないよりいいから、腎臓のことを考えずに何でもやってくださいと言われても、それはそれで悪化するとわかっているためふん切れない。
体重は4.1kgまで落ちました。
最大5.8kgまでいって、6㎏はだめですよと怒られていたのに。
      201401187.jpg


明日は大みそかという夜、「流動食状態にして流し込んだらいいのでは=強制給餌」 と突然ひらめきました。
どうかはわからないが、このままいけば確実にダメ、これ以上悪くはならんだろうと思い立ち決行。
消化器能力が落ちていたら吐いて終わりです。
・・・・・・・何ともなさそう。
これは約一か月続きました。
注射器に詰めるのがかなり大変でしたが、寒い時期だったので作り置きができて助かりました。


食べ始めたのは、だんも腎機能が弱って来ていることがわかり、おなじごはんにすることになって、退院以来初めて一緒に用意したときです。
だんのごはんを確認しに行き、そのあと食べ始めました。
「なんでだんだけ違うごはん食べてるん」という抗議行動だったのか・・・?命かけてか・・・?


そこからはおおむね順調に過ぎています。
       201403068.jpg   3月 
   クレアチニン2.0  尿素窒素45.9
 
       201404109.jpg   4月     
   クレアチニン 2.6   尿素窒素 55.9
       201405189.jpg   5月     
   クレアチニン 2.2   尿素窒素 42.3
   
       2014071510.jpg  7月 
   クレアチニン 2.5  尿素窒素 43.4

       201401026.jpg     10月 
   クレアチニン 2.4  尿素窒素 45.3

        2014110511.jpg   11月




今も点滴は一日おきにしていますが、湯煎にかけ、晩10分で終了というパターンで難なくこなしています。
薬も飲み、2カ月に一回採血でフォロー中です。
       2014121813.jpg

今普通に食べているごはんは、あの時見向きもしなかったのと全く同じ腎臓用の療法食です。
ここ何カ月かは、4.8kg前後を維持しています。
      2014121814.jpg




今日のデータも10月の値を維持していました。
もう11歳を越え、ばあちゃんになりつつあります。
年には勝てないけど、のんびりのんびりいってほしいと願います。
2014121612.jpg

















スポンサーサイト

まだあかんか と思う

サブが来て、はや二ヶ月経ちました。
早くもなかったな・・・



ガリガリサークルは、こんな風にガリガリするものではなくて、爪とぎをするものです。
       1_2014121221311384a.jpg


噛んではちぎってペッとまわりに飛ばします
柿食って種飛ばすおっさんかっ


そんなことばっかりしてるからこうなる。

 まわりに猫がいない環境で再生してください

      [広告] VPS

しじの動きもチェック


でも、今晩はあまりの寒さからか、こんな映像が届きました
           IMG_9190.jpg


もう、ひと月半はたってまっせ と思う

こんばんは。

サブが来て、結構たちますが、何か変わったかというと・・・

サブの態度がでかくなりました。
         4_20141205181526217.jpg

あー家猫ってさいこー
と気付いたようです。

競馬なんかも見ちゃおっかなー
      20141130競馬を見る-001




姉ちゃん達は、未だぴりぴりしっぱなし。
     1_20141205181521f1a.jpg

     2_20141205181523407.jpg
      
     3_201412051815242d1.jpg



でも、サブは負けない。
しじねえにちょっかい
       20141202しじにちょっかい

だんちゃんねえちゃんに忍び寄る
       20141202だんに向かう





だんちゃんねえちゃんは、相変わらず毎日何回かサブを追い詰め怒られてます

しじねえは、こんな顔してにらみますねん。
            5_20141205181548ab9.jpg

うなるしマジ怖

ぜーんぜん、気にしてまっせーんby
       6_20141205181549b6f.jpg




« »

12 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
ごあいさつ
ごあいさつ

しじみ11歳、だんご8歳になりました。今度、おちびのサブレが加わりました。
血はまったくつながっていませんが、縁あって人間TとYと暮らしています。
よろしくお願いいたします。

最新トラックバック
天気予報コム
猫が顔を洗うと・・・

-天気予報コム-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。