にゃりーずプラス


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うっとうしいのはようわかる と思う が・・・

だんちゃんにも運命のときがきました。
避妊手術です。
6ヶ月になるのを待って入院しました。
飼い猫に避妊手術をするか否か、という点については意見の分かれるところです。
外に出る習慣のあるにゃーは、子猫を受け止める覚悟がなければ手術はするべきでしょう。
完全室内にゃーについてはどちらの意見もあるでしょうが、私は獣医さん(以前からの目ぢからオーラ先生)の、猫は子宮の疾患にかかるリスクが高いのでそれを考えても手術すすめます、という意見で決めました。

前日から入院し、2泊3日で迎えに行ったらかわいいガーゼウェア。
          (1)0707.jpg
        
ここの先生は、エリザベスカラー(*動物のケガや、手術の後など舐められないように首周りに巻くシャンプーハットみたいなもの。たぶん、女王の肖像画でみる、シャカシャカした襟ににているからでは?と思っている)ではなく、特製のウェアで守りましょうという方針です。

「麻酔の利きがよすぎて、まだはっきりしていませんが、特に問題ないです。ウェアは2週間着せてください。」といわれ、ほっとして連れ帰りましたが・・・
ほっとしたあまり、先生の話の後半を甘く見ていたことに翌日気づきました。

翌日昼にはひっぱりまくり、傷がやばそうなのでタオルで重ねて腹巻しましたが、それをはずす事に全てを懸け、夕方には幾重にも巻いた腹巻も、ウェアもかたちがなくなってました。
夜にタオルで新しいウェア作成したら・・・
          (2)0707.jpg

朝には一晩中脱ぐ努力したらしく、寝不足フラフラで、だけどスッキリした顔で座ってました。
しかしなしというわけに行かず、毎日何かで巻きましたが朝にはボロボロ、を繰り返し、やっと1週間がたちました。                (4)0707_20120707232950.jpg 
始めはやわらかい布などで工夫したが、一瞬で噛みちぎられるため麻ヒモになっている
       
                   
「先生は、2週間と言わはったけど、絶対猫も人間も無理!!」ということで全員一致し、ウェアを外しました。
ゴミ箱に捨てて振り返ると、傷をとめたワイヤーをくわえてえびぞり(私にはそう見えた)する姿が。
           (3)0707.jpg
                 
あっかーんと叫び、走りよって傷を見ると、やはり裏返って、少し出血してます。

無理を承知ででかいバンドエイドを貼り、再度タオルウェアを着せましたが、次の朝ウェア類は全てどっかいき、ピカピカのワイヤーと、かさぶた取れたきれいな傷が丸見えでした。
でも、結局は全く傷もわからず問題なし。

あの先生は、ほんま処置や手術が上手です。しじもだんちゃんも1cm強しかない傷口でした。
でも、絶対無理なこと言いはりますねん。言い返せないオーラ出してはるし。
もしかして飼い主試されてる
スポンサーサイト

Comments


« »

05 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
ごあいさつ
ごあいさつ

しじみ11歳、だんご8歳になりました。今度、おちびのサブレが加わりました。
血はまったくつながっていませんが、縁あって人間TとYと暮らしています。
よろしくお願いいたします。

最新トラックバック
天気予報コム
猫が顔を洗うと・・・

-天気予報コム-
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QRコード

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。